本事業では、地域住民、森林所有者等が協力して行う、
里山林の保全管理や資源を利用するための活動に対し支援を行っています。

という思いを少しでもお持ちの方は、本事業の活用をぜひご検討ください。

ABOUT本事業について

事業のイメージ

国土の7割が森林である私たち日本人にとって、森林は古くから私たちの経済活動に深く結びついています。私たちは森林の恩恵を受け衣食住を整え、林業という産業、文化を築き上げてきました。

森林は動物のすみかであり、水源であり、木材や林産物の供給源です。そのなかでも里山林は、居住地近くに広がり、薪炭用材の伐採、落葉の採取等を通じて地域住民に継続的に利用されることにより、維持・管理されてきた森林です。

しかし、このような里山林は、昭和30年代の石油・ガスなどの化石燃料の普及、化学肥料の普及等により地域住民との関係が希薄になり、侵入竹などによる荒廃も進み、森林の有する多面的機能の発揮が難しくなっています。
里山林の保全については、林業における森林整備はもちろんのこと、地域住民、森林所有者等が行う継続的な活動が重要な役割を担っています。

そこで、本事業では、地域住民、森林所有者等が協力して行う、里山林の保全管理や資源を利用するための活動に対し支援を行っています。

NEWSお知らせ

令和4年度事業説明会

県内4カ所にて開催しますので、お近くの会場にてご参加ください。※福岡県によるコロナ警報が発出された場合は中止します。

  • 令和4年2月24日(木) AM福岡市 PM筑後市
  •      25日(金) AM飯塚市 PM行橋市
  • 開催案内  ■参加申込書

協議会について

森林・山村多面的機能発揮対策協議会の役割

森林・山村多面的機能発揮対策協議会(以下「地域協議会」という)の役割は以下のとおり。

1活動組織への交付金の交付

  • 地域協議会は、本交付金を活動組織に交付する。

2活動組織に対する支援指導等

  • 活動組織を対象とした技能・安全研修会の実施等
  • その他本対策の推進に必要な支援・指導等

CONTACT

本事業の支援の申し込みやご質問はこちらから